レイヤの使い方:JW CADの使い方(初心者入門書)

スポンサードリンク

レイヤの変更の仕方

W CAD の使い方(初心者入門書)は無料ソフトの練習問題を使ってJW CADの基本操作をマスターしていきますが。

まず最初に下記ページよりダウンロードをしてください。ダウンロード後の開き方は、練習問題−問題−JWW−EX−と開いてください。


http://www.jwcad.net/copyright.htm

練習問題EX43レイヤの使い方の続きです。

一辺10の正方形を「F」に書きこまねければいけなかったのに「E」に書き込んでしまった場合、また任意のレイヤに変更したい場合のやり方です。

「F」の上部に紫の線があると思います。この線はこの番号のレイヤには「なにかしらの書き込みがありますよ」という印です。「0」「8」の上部にも紫の線がありますね。この二つのレイヤにも書き込みがあるという印になります。逆に紫の線のない部分は使用されていないということになります。

話がそれてしまいましたが、「F」から「E」へ移動するには、まず「E」を書き込みレイヤに指定してください。「E」を右クリックですね。
その状態で左にあるツールバーの範囲をクリックしてレイヤを変更したいものの範囲を選択します(この場合は□を囲んでください)

次に上部コマンドの中から「属性変更」をクリック(注意:属性選択ではありません)
変更できるものの一覧が表示されますので、その画面の下から二番目「書込【レイヤ】に変更」にチェックを入れ「OK」を押します。これで□が「E」のレイヤに移動されました。紫の線が「F」から「E」に移動していることを確認してください。

【ポイント】
間違えやすい注意点は、移動する先のレイヤを右クリックで書き込みレイヤに指定しておくことです。
これを忘れて、最初に指定せず変更をしても”あれ!移動してない”なんてことがありますから注意が必要です。

【ちょっとしたテクニック】
いろんな図形が絡み合っている場合は面倒ですね。この場合は「All」のボタンで間違いやすい(いらない)レイヤの画面を非表示にしてから選択範囲を指定すると使いやすくなります。
posted by jw at 10:25 | レイヤの使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レイヤの使い方(基本)

JW CAD の使い方(初心者入門書)は無料ソフトの練習問題を使ってJW CADの基本操作をマスターしていきますが。

まず最初に下記ページよりダウンロードをしてください。ダウンロード後の開き方は、練習問題−問題−JWW−EX−と開いてください。


http://www.jwcad.net/copyright.htm

レイヤの基本的な使い方を練習問題43(レイヤの練習)を使って学びます。

半径10の円、一辺10の正方形、寸法線の入れ方は今までの練習問題で理解できていると思いますので省略します。

 レイヤは○数字に囲まれたもの数字に囲まれたものの二つがあります。
 □で囲まれたものを相対的に大きなレイヤ、○で囲まれたものは□に付随するものと考えてください。
 
 たとえば練習問題では□のレイヤの「0」の中に○数字の0〜Fレイヤが入っていると考えます。(□のレイヤ0がポコンと押されていますね、この押されている状態がこのレイヤを使用しているということをあらわしています。別に0を使わなくてもどの番号を使用してもかまわないのですが、通常は0から順に使用するのがいいと思います)

 
 練習問題では半径10の円を@のレイヤに書くことが問題です。@の上で右クリックをしてください。ポコンと押された感じに見えますね。この状態で円を書くとレイヤ@に書き込むことができます。

 間違って左でクリックすると数字が消えてしまいます。この消えた状態では書き込みも画面上の表示も消えてしまいます。

 試しに@を右クリックした後に、下にある「All」を押してみてください、他の数字の部分が全部白くなりマウスを画面上からずらしもう一度画面上に戻すと、画面には何もないことが分かります。

 もう一度「ALL」を押すと○に囲まれていない数字になります。この状態でマウスを動かすと薄くなった表示になります。この状態では他のレイヤに書き込まれたものも一緒に見ることはできますが、この状態での書き込みは現在押されている(ポツンと押されている)レイヤにかかれることになります。


 一辺10の正方形を書くときは「F」のレイヤを先に右クリックして書いてください。
寸法線は「9」のレイヤを右クリックしてから記入です。

 レイヤの変更は後からでもできますが最初に書き込みレイヤを指定してから作業を始めるクセをつけてください。後々の変更はあまり間違えて記入していると面倒になります。
posted by jw at 10:21 | レイヤの使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JW CAD レイヤの変更

JW CAD の使い方、初心者入門、今日はレイヤの変更の仕方です。

レイヤの切り替えを忘れて作図してしまうことがよくあります。
一箇所だけなら、戻るボタンで1動作戻ってレイヤの指定を変え、続けて作業を完了すればよいのですが、いくつも書き込んだ後ではそれもできません。


違うレイヤに書き込んだ場合の訂正の仕方です。
書き込みたいレイヤを右クリックで書き込みレイヤに指定しておきます。左の「属変」を押します⇒「左下に変更するデータを指示」とあります。指定どおり線ならば(L)でどんどんクリックしていきます。文字なら(R)ですね。上部に「線種・文字変更」「書き込みレイヤに変更」とありますので、チェックがあるかどうか確認しておいて下さい。「線種・文字変更」は必要なければチェックをはずしてさい。
これでレイヤの変更は完了です。

レイヤは「ALL」のボタンを押すと書き込みレイヤ以外はすべて文字が消えます。この状態でマウスを図面の中に戻すと、書き込みレイヤ以外で書かれているものは消えて見えます。

もう一度「ALL」を押すと数字だけが出ます。このときにマウスを図面に移動すると線がグレーで表示されます。どんな線が書き込まれているか見ることができるのですが、このグレーの線は見るだけで削除など手を加えることはできません。

さらに「ALL」を押すと数字に○がついてきます。この状態ですと、すべての線や文字の変更が可能になります。

また文字の上に紫色の線がありますが、これはこの線のあるレイヤはなにかしら書き込んでいるものがありますよ、という意味です。

ALLではなく個別のボタンを押していっても同じことになります。

JW CAD の使い方ではレイヤの理解というか指定のし忘れが初心者の人には特に多くあります。
間違ってもこのように後からの変更はできますが、なかなか大変なところもありますので、落ちついて作図していくよう心がけましょう。
posted by jw at 21:39 | レイヤの使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JW CAD レイヤの使い方

JW CAD の使い方(初心者入門書)は無料ソフトの練習問題を使ってJW CADの基本操作をマスターしていきますが。

まず最初に下記ページよりダウンロードをしてください。ダウンロード後の開き方は、練習問題−問題−JWW−EX−と開いてください。


http://www.jwcad.net/copyright.htm



今回のレイヤの使い方は練習問題ではありませんが、練習問題のできそうなところは各自で挑戦してみてください。

レイヤの使い方は、初めての人には戸惑う問題かもしれません。写真の合成などでレイヤを使ったことのある人は理解も早いでしょうが、初めてレイヤと取り組む時は頭の中が爆発しそうになることもあります。(私もいまだにそうですが)でもせっかくあるものです、レイヤの意味をしっかり理解して頑張りましょう。

通常JW CAD を開いた場合はレイヤは「0」「0」になってます。このまま使用してかまいませんが、レイヤ分けの必要がある場合はこの練習が役に立ってきます。

reiya1

参考図では「T」のレイヤで1番と2番「U」の1番で0からAまで、2番で0からDまで使用しています。

ちょっと見にくいかもしれませんが「T」では1が黒い四角で2が赤い四角で囲まれています。この二つが画面に表示されてるレイヤになります。他の数字にも紫の線がある部分は、何がしかの図柄があるのですが他のところでの使用なので表示されていません。


赤の四角が書き込みレイヤ(今書いてる図はここに入りますよ、と云う意味です)になります。

赤の四角で囲まれた2では1階の平面図の図柄を書き込んでいます(reiya3参照)。その中でも「U」のなかで柱を0に、壁を1に、敷居を2に、建具を3に、などなど0からDまで書き分けています。

reiya3

レイヤ「T」の1の場合は敷地に関する図面になります(reiya2参照)。「U」での区分けは0が境界線、1がフェンス、2が駐輪・駐車スペースです。「U」の2を取り出してみたのが下の紫の図柄です。

reiya2


レイヤ分けをここまで細かくする必要もないのですが、参考までにあげて見ました。建物の図面を書く場合に、平面図、立面図、全体のイメージなど大きく区分分けするのに「T」を使い、平面図の色分けなどで「U」を利用すると、後からの訂正処理が楽になります。
posted by jw at 11:37 | レイヤの使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。