基本操作:JW CADの使い方(初心者入門書)

スポンサードリンク

JW CAD マウスの使い方

JW CADの使い方(初心者入門書)は無料ソフトの練習問題を使ってJW CADの基本操作をマスターしていきます。

まず最初に下記ページよりダウンロードをしてください。ダウンロード後の開き方は、練習問題−問題−JWW−EX−と開いてください。EX-01から順に操作方法を書いています。

http://www.jwcad.net/copyright.htm

cadmausu.gif

今日はマウスの使い方です
JW CAD の操作では独特なマウスの使い方があります。
普通マウスの操作では右クリック、左クリックと、片方ずつ操作するのですが、JW CAD では左右同時に押さえたままで、右上、左上、右下、左下にドラッグすると画面が変わって来ます。この操作はぜひ覚えておいて下さい。

@画面の移動
JW CAD の画面上で左右同時にクリックしてみてください、「移動」の文字が出ます。このまま手を離すと今押した部分が画面の中央部に移動します。

A画面の拡大の仕方拡大したい範囲を選びます。拡大したい部分の左上でマウスの左右を押さえたまま、右下の拡大したい部分までドラッグ。(枠線が出てきます。その範囲が拡大されます。最初に押さえた時点では@の移動の文字が出ますが右下に下げると拡大の文字が表示されます。)
狭い範囲を拡大すると、とても大きく拡大され画面上で絵柄を探しにくくなりますので注意してください。

B画面の縮小の仕方
拡大とは反対にマウスを左上にドラッグしてください。範囲の選択はありませんが右下から左上にドラッグすると縮小になります。

Cその他のマウスの動かし方
左右押さえて右上にドラッグした場合はJW CADの全体画面に戻ります。
左下にドラッグは前の倍率になります。

JW CADは@〜Cの動作の過程では動作ごとの内容が画面上に表記されますので慌てずにマウスを動かしてくださいね。


注意点
左右同時に押さえていないと、変な現象が起こります。右または左が強く押されたままドラッグすると他の操作方法になりますので注意が必要です。その場合はそのまま元の点の位置までゆっくり押し戻してください、キャンセルの文字が出ます。
途中で手を離した場合はパソコンの「Esc」ボタンを押すか左画面の「戻る」をクリックで前の状態に戻ります。
posted by jw at 10:02 | 基本操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。