レイヤの使い方(基本):JW CADの使い方(初心者入門書)

スポンサードリンク

レイヤの使い方(基本)

JW CAD の使い方(初心者入門書)は無料ソフトの練習問題を使ってJW CADの基本操作をマスターしていきますが。

まず最初に下記ページよりダウンロードをしてください。ダウンロード後の開き方は、練習問題−問題−JWW−EX−と開いてください。


http://www.jwcad.net/copyright.htm

レイヤの基本的な使い方を練習問題43(レイヤの練習)を使って学びます。

半径10の円、一辺10の正方形、寸法線の入れ方は今までの練習問題で理解できていると思いますので省略します。

 レイヤは○数字に囲まれたもの数字に囲まれたものの二つがあります。
 □で囲まれたものを相対的に大きなレイヤ、○で囲まれたものは□に付随するものと考えてください。
 
 たとえば練習問題では□のレイヤの「0」の中に○数字の0〜Fレイヤが入っていると考えます。(□のレイヤ0がポコンと押されていますね、この押されている状態がこのレイヤを使用しているということをあらわしています。別に0を使わなくてもどの番号を使用してもかまわないのですが、通常は0から順に使用するのがいいと思います)

 
 練習問題では半径10の円を@のレイヤに書くことが問題です。@の上で右クリックをしてください。ポコンと押された感じに見えますね。この状態で円を書くとレイヤ@に書き込むことができます。

 間違って左でクリックすると数字が消えてしまいます。この消えた状態では書き込みも画面上の表示も消えてしまいます。

 試しに@を右クリックした後に、下にある「All」を押してみてください、他の数字の部分が全部白くなりマウスを画面上からずらしもう一度画面上に戻すと、画面には何もないことが分かります。

 もう一度「ALL」を押すと○に囲まれていない数字になります。この状態でマウスを動かすと薄くなった表示になります。この状態では他のレイヤに書き込まれたものも一緒に見ることはできますが、この状態での書き込みは現在押されている(ポツンと押されている)レイヤにかかれることになります。


 一辺10の正方形を書くときは「F」のレイヤを先に右クリックして書いてください。
寸法線は「9」のレイヤを右クリックしてから記入です。

 レイヤの変更は後からでもできますが最初に書き込みレイヤを指定してから作業を始めるクセをつけてください。後々の変更はあまり間違えて記入していると面倒になります。
posted by jw at 10:21 | レイヤの使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。