JW CAD 特殊文字の書き方 その2:JW CADの使い方(初心者入門書)

スポンサードリンク

JW CAD 特殊文字の書き方 その2

tokusyumoji.jpg
JW CADで上付きの文字など特殊な書き方をする時に困ってしまうことはありませんか。
今日は前回の続きになります。

あまり使う機会がないかもしれませんが覚えておくと便利な特殊文字の書き方です。初心者のかたには多少面倒かもしれませんが慣れてしまえば・・・・

特に注意することは半角・全角の使い方です、あせらずゆっくりとやってみてください。(使えるのは横書きのみになります)


文字の重ねがき(図C )

○、□、△などの中に数字や文字を入れたいときに利用します。
まず日本語で「まる」と打ち込んで「○」を出します。続いて半角で「^o 」と打ち込みます。この場合の「o 」は数字の「0」ではなくて半角英数字の「o 」です。

図C の一番上の場合は「○^o1 」で@が出来上がります。
二番目の場合は「1^o23」ですね。入れたい数字は半角でも全角でもかまいません。JW CAD の画面では文字の位置がずれて見えることがありますが、拡大してみるときちんと○の真ん中に入っていることが確認できます。

三番目は「○^oあい○^oう」です。入れたい文字の前でいちいち「○^o 」を半角や全角に直して入れるのは本当に面倒ですが、仕方ありませんあきらめてください。□や△に入れる場合も同じように文字で「しかく」「さんかく」と入れて変換してから使用してください。


文字の重ねがき(図D、E )

文字の重ねがきのDは○数字の中にそのままの大きさで文字を入れるときに使います図Cの場合は中の文字が小さくなるのですが、この場合はそのままの大きさになります。ただし文字が窮屈になりますのでどちらを選ぶかはお任せになります。

「○^n1 」「○^nA」「+^X」を使って図Dを書いていますが、使用する「1、A、X 」が半角か全角かで○のなかの位置や重なり具合が変わりますので注意してください。特に気をつけるのはパソコンのひらがな入力での半角/全角の切り替えではうまくいかないことがあります。その場合は入力モードを全角英数モードに変えてから英数字を打ち込んでみてください。

図E のPLは「P^bL」「P^BL」ですが「PとL」は英数全角で「B」は半角の大文字で打ち込んでいます。頭がこんがらがってきそうですがいろんなパターンで練習するしかありません。

I、Sは「○^w10 ,20 」と入れています。「w 」に続く半角2文字までが有効になります。
【特殊文字の書き方の最新記事】
posted by jw at 12:25 | 特殊文字の書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。