JW CAD レイヤの変更:JW CADの使い方(初心者入門書)

スポンサードリンク

JW CAD レイヤの変更

JW CAD の使い方、初心者入門、今日はレイヤの変更の仕方です。

レイヤの切り替えを忘れて作図してしまうことがよくあります。
一箇所だけなら、戻るボタンで1動作戻ってレイヤの指定を変え、続けて作業を完了すればよいのですが、いくつも書き込んだ後ではそれもできません。


違うレイヤに書き込んだ場合の訂正の仕方です。
書き込みたいレイヤを右クリックで書き込みレイヤに指定しておきます。左の「属変」を押します⇒「左下に変更するデータを指示」とあります。指定どおり線ならば(L)でどんどんクリックしていきます。文字なら(R)ですね。上部に「線種・文字変更」「書き込みレイヤに変更」とありますので、チェックがあるかどうか確認しておいて下さい。「線種・文字変更」は必要なければチェックをはずしてさい。
これでレイヤの変更は完了です。

レイヤは「ALL」のボタンを押すと書き込みレイヤ以外はすべて文字が消えます。この状態でマウスを図面の中に戻すと、書き込みレイヤ以外で書かれているものは消えて見えます。

もう一度「ALL」を押すと数字だけが出ます。このときにマウスを図面に移動すると線がグレーで表示されます。どんな線が書き込まれているか見ることができるのですが、このグレーの線は見るだけで削除など手を加えることはできません。

さらに「ALL」を押すと数字に○がついてきます。この状態ですと、すべての線や文字の変更が可能になります。

また文字の上に紫色の線がありますが、これはこの線のあるレイヤはなにかしら書き込んでいるものがありますよ、という意味です。

ALLではなく個別のボタンを押していっても同じことになります。

JW CAD の使い方ではレイヤの理解というか指定のし忘れが初心者の人には特に多くあります。
間違ってもこのように後からの変更はできますが、なかなか大変なところもありますので、落ちついて作図していくよう心がけましょう。
posted by jw at 21:39 | レイヤの使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。